ニキビ跡 治す 色素沈着

キレイな素肌、ニキビ跡の色素沈着を治すには??

やっと治ったと思ったのもつかの間、赤みや赤黒い色素沈着のニキビ跡。

ニキビがあった時よりも、余計に目立つし、ついつい人目も気にしてしまいます。

紫色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血がにじみ出た状態であり、血は固まると紫色になるので、それが紫色のニキビ跡になってしまいます。

 

ですが、肌の生まれ変わりターンオーバーによって、薄くなってくるので、やや時間はかかりますが、ターンオーバーを促進する、ピーリング化粧品などを上手に取り入れることで、治すことが可能です。

 

茶色の色素沈着は「シミ」の状態です。
ニキビが炎症する際に分泌される活性酸素によって、大量のメラニンが作られます。

このメラニンが許容範囲を超えて肌に出てしまったのが、茶色のニキビ跡です。

 

こちらもターンオーバーで薄くなるのですが、さらにビタミンCをプラスするのがオススメです。
ビタミンCは、メラニンの生成を抑制する働きがあるので、配合の化粧品やサプリメントを取りいれ、ゆっくり時間をかけて治すことが重要です。

コメントを残す